So-net無料ブログ作成
検索選択

ザ・ポリスマン<俳優ロイ・シャイダー> [研究日誌]

まず、5月7日の記録をアップしました。

空軍跡地<近くの公園>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-07-1
0507borame-aircrafts.JPG

アメリカンニューシネマについて書いていたら、好きな俳優を一人について書くのを忘れていました。ロイ・シャイダーです。

一般の方には『ジョーズ(Jaws、1975)』のブロディ警察署長として知られていますが、やはり『フレンチ・コネクション(The French Connection、1971)』のルッソ刑事がいいですね。

『フレンチ・コネクション』では、シャイダーはバディ・ルッソ、ジーンハックマンはジミー”ポパイ”ドヨルを演じましたが、実際の刑事たちの名前はソニー・グロッソとエディ”ポパイ”イーガンです。彼らが実際にフレンチコネクションを壊滅させたニューヨーク市警の中心メンバーでした。

アカデミー賞候補となった『フレンチ・コネクション』のルッソ役ですが、ダンス中心の『オールザットジャズ』のギデオン役でも候補となりました。

私はハイテクと警察官の正義感が交錯した『ブルーサンダー』が一番好きです。

『ブルーサンダー』はハイテク軍事ヘリコプターが登場する1983年の映画です。橋の下から登場(ジョーズ的な登場の仕方)して、ヘリの先頭に設置されたガトリング砲でパトカーを真っ二つに切り裂いた場面も圧巻でしたが、ターボエンジンで宙返りさせた場面も印象に残っています。

しかし、最も驚くべき機能は、このヘリが持っている監視・情報収集能力でした。当時(1983年でウィンドーズ95登場の12年前)はまだインターネットが一般に知られていない時代で、コンピューターによる情報ネットワークが登場したり、まだ軍事技術だった高感度盗聴装置や熱源監視機能などが紹介され、情報管理社会及び監視社会の到来を予言するものでした。

今では映画でもテレビでも軍のみならず、警察も使用している情報収集の方法ですし、我々も普通にインターネットを使って情報検索をしていることを考えると時代を先取りした映画でした。

いろいろな役を演じてはいますが、多くの人は、ロイ・シャイダー=警察官や刑事とのイメージを持っているようで、亡くなった時(2008)もそういった紹介(「law enforcement role=警察官の役」で有名な)をされていました。

2017/06/12<晴時々曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車