So-net無料ブログ作成

リーダーとはどんな人であるべきか<塩野七生『マキアヴェッリ語録』> [本棚]

一流になるには、と大上段に構えるつもりはありませんが、平均よりは優れたサラリーマンになるつもりがあるなら、基礎教養として読んでおくべき本がいくつかあるというのが私の意見です。

あくまでも目安ですが、東洋と西洋を組み合わせた場合、次のようなものです。

20歳から30歳位までには、『孫子』(日本では「孫子の兵法」)と塩野七生の『ローマ人の物語』。
30歳から40歳位までには、『論語』とユリウス・カエサルの『ガリア戦記』。
40歳を超えたら『韓非子』とニッコロ・マキアヴェッリの『君主論』。

これらは「どうあるべきか」と「どうしたらいいか」に答えてくれます。個人として頑張る要素、組織を運営するための要素。

20代では、自分をどう鍛えていくか、どう戦うかを学ぶといいように思います。孫子から始めるといいように思います。

30代では、先輩・上司に加え、同僚と部下・後輩との付き合いが生まれます。この時どうしたらいいのか。論語はこうした疑問に答えてくれます。

40歳を超える前後から組織運営を考えないといけなくなります。漠然と組織にとって必要なもの、不要なものを考えていたのでは組織の変革が間に合いません。明確なビジョンを持ち、それを実現するための道筋を考えていく。リーダーを支えるならマキアヴェッリがリーダーには何が必要かを説いています。勝てる組織を作るための要不要は韓非子が教えてくれます。

実際には年ごと、場面ごと、立場ごとの様々な本がありますし、個人の事情、立場によって参考になる本は違ってくると思いますが、偉人・先達の知恵は書籍という形ですぐにアクセスできますので、どんどん吸収して損はないと思います。

また、ビリオネアたちがどんな本を読んでいるかが話題になりますが、新しい本に加え、彼らも必ず名著と呼ばれる本に目を通しています。

今回読んだ塩野七生の『マキアヴェッリ語録』はフィレンツェ共和国の外交官、イタリア・ルネサンス期の政治思想家ニッコロ・マキアヴェッリの思想を著した代表的な発言(実際には書籍にある言葉)を集めたもの。

マキアヴェッリはレオナルド・ダ・ヴィンチやチェーザレ・ボルジア、ロレンツォ・デ・メディチと同時代人であり、分裂・混乱期にあったイタリアの統一を願って、強力なリーダーとはどんな人物か、その人物はどのような性質・能力を有していないといけないかを説いたのが『君主論』であり、『戦術論』や『政略論』です。

machiavelli-words.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-1011-8106-6
「マキアヴェッリ語録」
塩野七生 (著)
<内容紹介、BOOKデータベースより>
「天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである」「いかなる手段もその目的にとって有効ならば正当化される」「人間は必要に迫られなければ善を行わない」…。浅薄な倫理や道徳を排し、ひたすら現実の社会のみを直視した、中世イタリアの思想家・マキアヴェッリ。「マキアヴェッリズム」という言葉で知られる彼の思想の真髄を、塩野七生が一冊にまとめた箴言集。

2017/06/20<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

3連覇、ハットトリック<ルマン24時間耐久レース> [研究日誌]

19回目の優勝だそうですが、3連覇を達成したのはすごいことですね。スタッフが来ているTシャツがカッコイイです。表は3連続優勝からサッカーの3ゴールに倣って「ハットトリック」、背中側は「優勝した年一覧」が書いてあります。ルマン24時間では、ポルシェが最多優勝回数を誇ります。

アウディが撤退したから優勝するチャンスが回ってきたのかは、モータースポーツファンの判断に任せますが、いつの年も強豪はいますので、誰がいるから、いないからではなく、やはり優勝するのが大変なレースですので、素直に「ポルシェはすごい」と評価してほしいものです。

尤も、以前からポルシェはルマン優勝に照準を合わせて車の開発をしてくるということも有名で、WEC(耐久レース)シリーズを軽視しているとの批判はあります。

総合優勝及びLMP1クラスはポルシェ919ハイブリッド。LMP2クラスはオレカ・ギブソン、LMGTEProクラスはアストン・マーティン・ヴァンテージ、LMGTEAmクラスはフェラーリがそれぞれクラス優勝しました。(こちらは情報収集時点での結果で、最終結果の変更はあり得ます。)

そういえば、『デイトナ』に続いてローレックスの『ルマン』モデルというのができるのでしょうか。ローレックスではミルガウス以外はあまり興味がないため、デイトナ等がどうなっているのか分かりません。ローレックスが冠スポンサーですので、優勝者にはローレックスの腕時計が贈られました。

今年は渡航を計画することすらできませんでした。二人目の子が生まれるということで、5月の米国の金融コングロマリットの株主総会も逃してしまいましたし、6月の渡仏も全く考える余裕がありませんでした。

海外への渡航というのは、絶対必要なもの以外は考えられません。

2017/06/18<雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フォトシェア<歓迎会の写真> [研究日誌]

まず、5月9日の記録をアップしました。

投票所<韓国大統領選挙>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-09-1
0509voting-site.JPG

昨晩の歓迎会で撮った写真をオフィスのみんなとシェアしました。

暗い店内でも、携帯電話ながら意外と良く撮れていましたので、喜ばれました。

ノクチルクスを持ってきていれば良かったとちょっと後悔しました。

2017/06/14<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ザ・ポリスマン<俳優ロイ・シャイダー> [研究日誌]

まず、5月7日の記録をアップしました。

空軍跡地<近くの公園>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-07-1
0507borame-aircrafts.JPG

アメリカンニューシネマについて書いていたら、好きな俳優を一人について書くのを忘れていました。ロイ・シャイダーです。

一般の方には『ジョーズ(Jaws、1975)』のブロディ警察署長として知られていますが、やはり『フレンチ・コネクション(The French Connection、1971)』のルッソ刑事がいいですね。

『フレンチ・コネクション』では、シャイダーはバディ・ルッソ、ジーンハックマンはジミー”ポパイ”ドヨルを演じましたが、実際の刑事たちの名前はソニー・グロッソとエディ”ポパイ”イーガンです。彼らが実際にフレンチコネクションを壊滅させたニューヨーク市警の中心メンバーでした。

アカデミー賞候補となった『フレンチ・コネクション』のルッソ役ですが、ダンス中心の『オールザットジャズ』のギデオン役でも候補となりました。

私はハイテクと警察官の正義感が交錯した『ブルーサンダー』が一番好きです。

『ブルーサンダー』はハイテク軍事ヘリコプターが登場する1983年の映画です。橋の下から登場(ジョーズ的な登場の仕方)して、ヘリの先頭に設置されたガトリング砲でパトカーを真っ二つに切り裂いた場面も圧巻でしたが、ターボエンジンで宙返りさせた場面も印象に残っています。

しかし、最も驚くべき機能は、このヘリが持っている監視・情報収集能力でした。当時(1983年でウィンドーズ95登場の12年前)はまだインターネットが一般に知られていない時代で、コンピューターによる情報ネットワークが登場したり、まだ軍事技術だった高感度盗聴装置や熱源監視機能などが紹介され、情報管理社会及び監視社会の到来を予言するものでした。

今では映画でもテレビでも軍のみならず、警察も使用している情報収集の方法ですし、我々も普通にインターネットを使って情報検索をしていることを考えると時代を先取りした映画でした。

いろいろな役を演じてはいますが、多くの人は、ロイ・シャイダー=警察官や刑事とのイメージを持っているようで、亡くなった時(2008)もそういった紹介(「law enforcement role=警察官の役」で有名な)をされていました。

2017/06/12<晴時々曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ストレスファクター<問題社員処理> [研究日誌]

まず、5月6日の記録をアップしました。

誕生日おめでとう!<義弟誕生会>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-06-1
0506meal-08.JPG

今日は妹と母とランチです。母と一緒に妹の現状を聞こうということです。妹は会社でのゴタゴタに巻き込まれて、体調を崩しており、気の毒な状態です。話を聞くのもストレスの発散になります。
0610kaisendon.JPG
0610holic.JPG

原因は分かっているとも言えるのですが、オフィスに問題社員がいて、周囲に体調を崩する人が続出しているらしいのです。人事の果敢な処理がなければこうした状態が続くでしょうね。

どうして日本の会社は指名解雇してはいけないのでしょうか?周囲に与える影響を考えると、業務妨害や非効率、無駄な経費(働かない人に払う給料、不正請求を含む)等の支出を減らすことができて、会社としては良いはずなのに、着手しないんですよね。

午後は秋葉原に出て、パーツなどを見に、部品屋さん巡りをしました。ちょっと興味をひかれたのは、テトリスができるセットやラズベリーパイ用のタッチスクリーン。今すぐ必要ではないが、売り切れたりしますと暫くは入手できないものですので、購入しようか悩んでいます。

2017/06/10<晴時々曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

またぁ?!<税金と児童手当> [研究日誌]

まず、5月5日の記録をアップしました。

子供の日とナイトマーケット<漢江河畔>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-05-1
0505shrimp.JPG

昨年、不動産を取得したのですが、幾つもの種類の税金の納入告知書がきてびっくりします。こんなに税金ばかり取られるのであれば、購入意欲を削がれる人も出てくるでしょうし、どこか損した気分にもなってしまうでしょうね。

急な出費ともいえますので、定期預金の一部を崩して払いました。業者の売買ではなく、個人の不動産取得ですので、税金を払うのではなく、税金を免除されるとか、減税されるものではないのでしょうか。

病院でお願いした英語に翻訳された出生届けが届いたので、ネットカフェで日本語に翻訳し、プリントアウトして市役所に行きました。我が家にはプリンタがないので、ネットカフェを利用しますが、コスト的にはこの方が安い気がします。

市役所で出生を届けた後、児童福祉課というところで、手当などの手続きをしました。

ブログでは、取敢えず2人目はトマト君と呼ぶことにします。

2017/06/09<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

レートはいいが、手間<生活費を送金> [研究日誌]

まず、5月4日の記録をアップしました。

『運び屋<重要任務はおむつの搬送>』
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-04-1
0503daipers.JPG

韓国ウォンが日本円に対し弱くなっていましたので、送金する方としては嬉しいのですが、手続きに2時間ほどかかりました。送金手数料も6,500円と高いですよね、今でも。

ビットコイン等の仮想通貨で送金した方が早く安いということになるでしょうね。

この仮想通貨という言い方はあまり好きではないのですが、日本で一般的にこう呼ぶので仕方がありません。暗号通貨という言い方もあり、こちらの方が英語のCrypto Currency(暗号化された通貨)に近い表現だと思います。

暗号通貨の価値の騰落や取引市場の不安定さ(破たん等)が問題となっている点は理解していますが、あまりにも時間や費用が掛かるようであれば、個人が暗号通貨を利用する場面が増えていくでしょうね。

2017/06/08<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

非武装地帯と大統領選挙<韓国から帰国> [研究日誌]

5月3日から1か月ほど留守をしておりましたが、先ほど戻ってきました。

渡航の目的は朝鮮半島の非武装地帯を見ることと韓国大統領選挙を肌で感じることでした。

(大統領選挙について)

個人的には朴槿恵大統領がいなくなって(罷免されて)よかったと思います。

ソウル市民もそう感じている方が結構いました。新大統領への期待が大きいこともありますが、日韓の関係がさらにおかしくなったのはこの人の無能ぶりが大きな要因の一つだったことは間違いありません。

これだけ政治も経済もダメにした朴槿恵の出身党の候補(ホン・ジュンピョ、洪準杓)氏が投票の結果2位となったことに驚愕(おいおいという感じ)と落胆(こんな候補に投票するやつがいるんだ?!)の声が聞かれたことを記しておきます。

私もさすがにホン候補は全然票を集められないだろうと思っていましたが、出身州を中心に票を固めていました。

途中大躍進した安哲秀(アン・チョルス)候補は「韓国のビル・ゲイツ」と呼ばれる人ですが、公開討論で評判を落とし、選挙戦後半は支持率が急落。

当選した革新系の文在寅(ムン・ジェイン)氏は元大統領盧武鉉(ノ・ムヒョン)と法律事務所を開いた元弁護士。

投票所は日本と同様、小学校などに設けられた。
voting-site.JPG
投票後に日本や米国ではシールをもらったりするが、韓国ではスタンプを押すそうです。
voted-stamp.JPG

(北朝鮮のミサイル発射問題)

もう一つは、38度線の「北」が自国と主張する「南」にミサイルを撃ち込んで「自国民」を殺すなどということをしたら、いかに絶対権力者でも説明不能な事態になることは考えたら分かりそうだが、その点が理解されていないのは日本の政治学者の説明不足でしょう。

日本では韓国はミサイル騒ぎに慣れてしまってマヒしていると報道されているようですが、半分当たっているように思います。

50年もの間、北が攻めてくるぞを言われればオオカミ少年状態となっても仕方がない面もあります。もう一つは私が上述したように、北は日本や米国に対して示威行為をしているのであって、南を脅しても意味がないこと、そして、経済的に北が戦争を起こすことが無理、無謀、無意味であることを肌で感じているようです。

今回の滞在中のことを順次アップしたいと思いますが、違った文化の国にある程度の期間滞在して地元の人に意見を聞くことができたのは大きな収穫です。

2017/06/07<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車