So-net無料ブログ作成

行きたい建物<中銀カプセルタワー> [研究日誌]

もう何十年と考えているものの、全然実行できていないことの一つに「中銀カプセルタワーを訪れること」というのがあります。

書店で棚を眺めていたら、このような写真集がありました。迷わず購入。

nakagin-tower.JPG

<本のデータ>
ISBN 978-4810913101
「NAKAGIN CAPSULE GIRL 中銀カプセルガール」
中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト (著, 編集), 山本華漸 (写真)
<内容紹介、アマゾンより>
ひと昔前の日本人が夢見た “近未来=21世紀"のイメージが凝縮された名建築「中銀カプセルタワービル」。
その内部に、“現代=21世紀" を生きる美女・総勢11人が足を踏み入れた――名建築と美女のコラボレーションの果てに、見えてきたものとは。
有名ファッション誌の撮影を多数手がける現代ポートレート写真の旗手・山本崋漸による「実験的現代美女図鑑」。

2017/03/25<曇>

本の展示<やっと荷ほどき> [本棚]

日本に来て、1年9か月。やっと本の入っている箱を開封することができました。

まだ、ほんの一部ですが、好きなものを飾ってみました。

<ロバート・キャパとエリオット・アーウィット>
on-shelf-1.jpg
<フェルメールと月面着陸>
on-shelf-2.jpg

時折変えてみようと思っています。

2017/03/20<雨>

頭の柔軟性を維持する<本棚『マンガ 化学式に強くなる』> [本棚]

いつも仕事の本ばかりを本でいると脳みその中のバランスが悪くなりますので、時には別の方面の本を読むようにしていますが、久しぶりに化学の本を読みました。

「マンガ」だという点は、若干甘口になっている証拠ですが、小説と専門書を同時に読んでいる時期にもう一つ専門書では読書が進みませんので、マンガでちょうどいいのかなと思いました。

comics-chemistry.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-06-257334-4
「マンガ化学式に強くなる さようなら、「モル」アレルギー」
高松正勝 (著), ブルーバックス
<内容紹介>
幸ちゃんはなぜモルが分かるようになったのか
化学式が苦手、モルがわからないというのは、闇雲に丸暗記しようとするから。あなたも主人公の幸ちゃんといっしょに、色気や食い気も総動員して、楽しく化学を勉強してみませんか!
(講談社BOOK倶楽部の紹介欄より)

2017/03/19<晴>

今でも好きなアニメ<ザブングル> [研究日誌]

疾風のように、ザブングル、ザブングル!

1982年2月6日に始まった「戦闘メカ・ザブングル」の主題歌『疾風ザブングル』はこのように始まります。

子供のアニメ枠で、コミカルだが、ちょっとシリアスになり、かつタイトルにもなっている主人公メカが途中で交代するスタイルが始まるのこの作品から。

具体的に書くと主人公ジロン・アモスが乗機していた主人公メカ「ザブングル」を先頭で失い、後半は「ウォーカー・ギャリア」に乗って活躍します。

次の作品「聖戦士ダンバイン」はダンバインからビルバインへ、その次「重戦機エルガイム」はエルガイムからエルガイムMk-II(マークツー)。因みにエルガイムMk-IIは改良されたエルガイムではなく全く別設計の機体のため、他の2作品同様、別のメカに乗り換えたことになります。

昼間、秋葉原にパーツを買いに行った時に、JR秋葉原駅の東西連絡通路にある模型コーナー(展示のみ)で発見しました。HI-METAL Rというシリーズで新しい模型が出るらしいです。

<開発中の模型>
xabungle.JPG
xabungle-up.JPG

できればアニメの設定通りに変形・合体してほしいですが、そうするとずんぐりむっくりな体形になってしまう気がします。だからプラモデルが成功しなかったように思います。。。

2017/03/11<晴>

恒例の2月の水着特集を見ながら思う<考察:輸入雑誌> [本棚]

毎年2月恒例のスポーツイラストレーテッドのスィムスート・エディション(Sports Illustrated Swimsuit Edition)の2017年版を先日購入できました。3種の表紙全部を購入しようかとも思いましたが、逆に芸がないので、一番普通ではない水着の表紙のものを購入しました。表紙以外の中身は一緒のようですので、これでいいのでしょう。

<これは水着と呼べるのか?ケイト・アプトンの表紙>
sise2017-kateupton.JPG

今回の号は自分にとって、随分違う雑誌のように感じました。半分以上のモデルが初めて登場した人たちだからでしょう。

<今回も登場したニナ・アグダル>
sise2017-ninaagdal.JPG

さて、今回何を考察したかといいますと、値段です。輸入品の値段は気になるんです。

本誌の現地での価格は9.99米ドル。今の為替レート(1ドル=114.60円)で単純に計算すると1,145円。しかし、実際に支払ったのは1,700円+税金136円、計1,836円。1ドル=183.78円という計算になります。1.6倍です。

米国にいた時に日系の書店で輸入された日本の本を買おうとしたら、同じような状況でした。搬送費や通関の費用と為替リスクを考慮するとどうしても6割程度は値段が上がってしまうのでしょう。

輸入の女性用ハンドバッグも化粧品も、輸入自動車もいわゆる内外価格差が縮小しているとはいえ、利潤の少ない、しかし、重量や体積のかさむ書籍はなかなか解消していくことはないでしょうね。。。

2017/03/09<晴>

記事作成と予約<歌舞伎> [研究日誌]

3月入り後、なかなか記事を書く時間がなかったので、ようやく金曜日の分が書けました。

食べ歩きの日?<トリプルヘッダー>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-03-03-1
lamborghini-1.jpg

今日は細かいことを片付けていました。

しかし、ちょっと遅い時間になってから、母の素朴なお願いの対応をしないといけないのを思い出しました。

歌舞伎を見に行きたいといっていました。

ちょうど3月は助六(*)が歌舞伎座でかかっています。

母に聞くと夜の部は帰りの時間が厳しいので、昼の部の席を取りました。

*…『助六所縁江戸櫻(すけろくゆかりのえどざくら)』は市川團十郎家のお家芸である歌舞伎十八番の一つ。秘伝の演目18種を定め、決められた箱にしまっていたことから、これらの演目は「おはこ」と呼ばれるようになりました。

結局、前日に私は一人で夜の部を見て、翌日は母と昼の部を見るという予定になりました。せっかくなので、市川海老蔵の助六を見てほしいと思いましたが、昼の部には片岡仁左衛門が義経千本桜に新中納言知盛で出ていますので、良いかと。

このタイミングで取った割には、前日の私の席はなかなかいい場所が予約できました。母との観劇はやや奥の方の席になってしまいました。

2017/03/05<晴>