So-net無料ブログ作成
検索選択

行政の努力<市役所の出張所は20時までオープン> [研究日誌]

地元でない土地で働いていると役所に行って書類(証明書など)を受け取るのは非常に難しいです。

半日休暇を使うことになるケースが多いです。

今住んでいる市は努力しておりまして、ターミナル駅に駅前出張所を設けて平日は夜8時まで印鑑証明や住民票(写)が発行されます。

月に2回、週末にも開庁(開所?)しています。土曜日が1回、日曜日が1回です。第何週かは忘れてしまいました。。。

2017/01/31<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

再接続!<今日からインターネット復活です> [研究日誌]

引っ越してから、暫くインターネットに接続できない状態でした。

ビルの交換機の設定が必要らしく、業者が来て、交換機のボックス内の配線を設定してくれました。

どうして部屋のジャッキに接続したらすぐに使えないのか、やや不思議ですが、国によってシステムが違うのでしょうね。

2017/01/30<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

今年の干支(えと)は酉ではありません<十二支は酉、干支は丁酉> [研究日誌]

今年の干支(えと)は酉じゃないよと書いたら、「何を言っているんだ、サルの次はトリに決まっているだろ!」との反論を受けるでしょうね。

今年、平成29年の十二支(じゅうにし)は酉、干支は丁酉(ひのととり・ていゆう)です。現在の西暦(グレゴリオ暦)年を60で割って、37余る年が丁酉となります。

干支というのは、十干(じっかん)と十二支を組み合わせたものです。

十干は、
甲(こう、きのえ)
乙(おつ、きのと)
丙(へい、ひのえ)
丁(てい、ひのと)
戊(ぼ、つちのえ)
己(き、つちのと)
庚(こう、かのえ)
辛(しん、かのと)
壬(じん、みずのえ)
癸(き、みすのと)

十二支は、
子(し、ね)
丑(ちゅう、うし)
寅(いん、とら)
卯(ぼう、う)
辰(しん、たつ)
巳(し、み)
午(ご、うし)
未(び、ひつじ)
申(しん、さる)
酉(ゆう、とり)
戌(じゅつ、いぬ)
亥(がい、い)

干支は十干の最初の「甲」と十二支の最初の「子」の組み合わせた「甲子(きのえね)」から始まり、「乙丑(きのとうし)」「丙寅(ひのえとら)」と続き、「癸亥(みずのとい)」まで60種類(10と12の最小公倍数)あります。

干支がひとまわりして同じ干支が巡ってくると「還暦(=60年)」となります。60歳に還暦の祝いを行うのはこのためです。

さて、本題に戻りますと、今年の干支は丁酉(ひのととり・ていゆう)、十二支は酉です。

酉年には大事件が起こりやすいといわれているようですが、トランプ大統領就任は大事件かもしれませんね。

歴史的戦争・事件にはこの干支を使った名称がいくつか見られます。
壬申の乱(じんしんのらん、日本、672年)
戊辰戦争(ぼしんせんそう、日本、1868年)
辛亥革命(しんがいかくめい、中国、1911年)

そして、丁酉が付く歴的事件といえば、豊臣秀吉の朝鮮出兵です。日本では年号を取って「文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役(えき)」と呼びますが、朝鮮半島では中国式(小中華思想)に基づいて、干支で呼びます。1593年の文禄の役は「壬申倭乱(じんしんわらん)」、1597年の慶長の役は「丁酉倭乱(ていゆうわらん)」または「丁酉再乱(さいらん)」と呼ぶようです。

1597年の慶長の役から今年で420年、つまり、還暦が7回しか来ていないこととなります。これを遠い過去と感じるか、歴史的に近い事件とみるかは感覚の違いでしょうね。

2017/01/12<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

最近のゼロ戦の本<本棚の片付け2> [本棚]

定番の単行本や文庫本と違い、最近はビジュアルな本が増えていますね。
reisen-no-shikumi.JPG
reisen.JPG

2017/01/11<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ウィンドーズ95時代の「産業の米」?<本棚の整理> [研究日誌]

実家にある私の本棚を整理したら、緩衝材に包まれた物体が出てきました。

開けてみると、いつかは使おうと考えていた、マイクロプロセッサペンティアムプロ(Pentium Pro)」でした。
pentium-pro-top.JPG
pentium-pro-bottom.JPG
生産されたのは1995年から1998年で、第6世代のCPUだそうです。ペンティアムという名前はついていますが、全く違う内部構造となりました。

これが約18年前のCPUで、周波数(clock rate、通称「クロック」)は150~200MHz(メガヘルツ)。現在のCPUは4.0GHz(ギガヘルツ)のIntel Core i7あたりが一番早いのでしょうか。

さて、ここで本日のポイントその1、単位の変換の罠です。

PC等ITの世界では単位が一つ上がる(例:メガ→ギガ)たびに前の単位の1000倍ではなく、1024倍です。これは2の倍数(2進数)が基本となっているからで、2^nと表すと2^10=1024となります。

ところが、周波数の世界は10の倍数(10進数)が基本となっていて、単位が一つ上がる(例:メガ→ギガ)場合でも、10^3=1000倍となります。

PCのクロックはヘルツ単位で表されますので、4GHz(ギガヘルツ)のCPUは200MHz(メガヘルツ)のCPUの20倍の速度ということになります。

そこで、本日のポイントその2、解けない疑問の提示です。

約18年で20倍ということは、1.5年で2倍の処理能力へと高まるとする「ムーアの法則」からすると、単純計算で4096倍のスピードになっていないといけないのに、20倍にしかなっていません。

もう一つ傍証として、1971年に発表されたIntel 4004は740kHzと言われていますが、これに対し、2008年に発表されたIntel Core i7は最大で4.4GHzの周波数となっていますから、37年経って、約6000倍のスピードアップとなっていますが、計算上は2663万倍となっていないとおかしい。

私の計算が間違っているのでしょうか?そもそも、私の理解が間違っていますか?

簡単に書くと説明不足になりますが、ムーアの法則はCPUに組み込むことが可能ならトランジスタの数が18か月(1.5年)で2倍になっていくということを予想しているのであって、実際に現在でもほぼ実現されているらしいのですが、処理速度が上がるとか、クロックが速くなるのとは同義ではないようです。


本題に戻りますが、「産業の米(さんぎょうのこめ)」は経済用語で、戦後の日本における「日本の産業の中枢を担う物」を指す言葉でした。冷戦時代には、日本の高度経済成長を支えた鉄鋼を指していたそうで、冷戦終結後は、半導体を指してきました。現代ならば特にCPUを指しているとも言える気がします。

インターネットの商業的開放(それまでは学術的情報交換が主)とウィンドーズのグラフィックインターフェイス(マウスによる画面上の選択)の採用で、パソコンが一般に普及していく過程において、ウィンドーズ95が発表・発売されて以降はインテルのCPUの高速化が最大の原動力であり、制約でもあったような気がします。

そういった意味でもペンティアムやペンティアムプロはウィンドーズ95時代の「産業の米」だったのだろうと思っています。

2017/01/06<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

歩数が違う<クロノスの機能、検証中> [研究日誌]

ミルガウスにクロノスを装着し、アップルウォッチと歩数を比較しました。

右手首にアップルウォッチ、左手首にミルガウスを着けて出かけました。

冬なので、長袖で隠せますが、夏だったら、かなり間抜けな姿だろうなと思ってしまいました。

前回の記事はこちら:
スマートでないウォッチをスマートウォッチに<クロノス、ようやく到着>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03-1

2017/01/04<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

スマートでないウォッチをスマートウォッチに<クロノス、ようやく到着> [研究日誌]

アップルウォッチを着けるようになって、すっかりスマート・ウォッチで歩数や移動距離、燃やしたカロリーを見るのが当たり前になってしまいました。

しかし、時にはミルガウスやエル・プリメロを着けて出かけたいと思います。

そこで、どんな腕時計もスマート・ウォッチにしてくれるというクロノス(chronoswearables.com)に注目していました。

昨年の6月に注文しました(文末リンク参照)。7月に出荷を始めるということでしたが、8月になっても、9月になっても音沙汰がなく、妻からは「スキャム(scam=詐欺)じゃないの?」と散々言われてしまっていました。

それがようやく届いたのです。ちょっと遅いクリスマスプレゼントいうことにします。

半年も待った甲斐があったのかは、これから検証しますが、とても楽しそうです。

パッケージは演出がうまく、「魅せる」というコンセプトでうまくまとまっています。
chronos-box-1.JPG
chronos-box-2.JPG
上にクロノス本体、下には説明書や充電器が入っています。
chronos-box-3.JPG
chronos-box-4.JPG
chronos-recharger.JPG
実際に装着すると薄くてほとんどわかりません。
chronos+milgauss.JPG
厚さは2.5㎜ということですが、腕に着けた感じではあまり違和感はありません。

なお、クロノスを腕時計本体に着けたまま充電できます。

前回の記事はこちら:
「メカニカル+スマート」ウォッチ<来るのか、クロノスの時代>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2016-06-15-1

2017/01/03<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ゼロ戦コーナー<本棚の片付け> [本棚]

分野や項目別に本棚を整理しようとしていますが、増えていくスピードも速いので、本棚が足りません。

あまりいい整理の仕方ではないのですが、文庫本などは、棚の後ろ、その前、そのまた前と三重に並んでしまいます。

結果的には後ろの方の本は見えなくなります。時には入れ替えて、何が後ろに隠れているのか、前の方に出してみたりします。

学術書と呼ばれるものはもっと大きいので、本棚の下の方の背の高い本が入る棚に入っていますが、電車の中で読みやすい文庫本は、基本的に目の高さの棚に入れています。

<零戦関係の文庫本>
books-on-zero-fighters.JPG

2017/01/02<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車