So-net無料ブログ作成
検索選択

どうやって出力を測るのだろうか?<ナノカー・レース> [研究日誌]

世界最小の「車」によるレースがフランスで開催されるそうです。

ル・マンの子供版とか、ラジコン世界一とか、そういう話ではありません。

なんと、分子レベルの車「ナノカー」で競うレースなのだそうです。

AFPが伝えるところによりますと、フランス国立科学研究センター(CNRS)の後援で、同国南西部トゥールーズ(Toulouse)にあるCNRSの実験室で開催されるそうです。

参加するナノカーのエンジン、ハンドル、ペダルは、それぞれ数百個の原子で構成され、科学者らがハンドルの代わりに握るのは、電流を発生する4本の針のような金属片をつけた顕微鏡

人の髪の毛1本の幅の1000分の1に当たる100ナノメーターをナノカーが走行してゴールインするには、少なくとも36時間かかる見込みです。レースの模様はユーチューブで実況されるそうです。

主催者側の4月4日の発表によると、フランス、ドイツ、日本、スイス、米国と米オーストリア合同チームがそれぞれ参加資格を得たものの、4月28日と29日のレースに参加するのは4チームだけだとなるようです。

36時間ずっと見るのは大変ですので、ダイジェスト版か早回しの映像を見るのがちょうどいいかもしれません。

そこで、素朴な疑問ですが、電流でナノカーを誘導するなら、ナノカー自体はエンジンが出力しないので、馬力等の単位とは無縁なのでしょう。となると、今後開かれたレースへと発展した場合、なにが基本性能を規定するのでしょう。

もしかして、構成している原子の数とか、保有している電子の数とかになるのでしょうか。。。

電子の数で勝負ならプルトニウム等は2百個以上の電子を持っていますから、数字は大きくなりますが、原子自体が重くなるので、軽量化が大事な「レースカー」向きではないかもしれません。

2017/04/11<雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: