So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

最新情報 [研究日誌]

研究日誌の内容だけこちらに掲載していきます。
(メインブログはこちら -> http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/

最新記事は:
次世代の暗号の実用化へ<新しい計算機公開>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-11-20-1

個人的には最強の携帯電話か?<ファーウェイのメイト10ポルシェ・デザイン>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-11-10-1

自分に甘い2<誕生日のプレゼント3~5冊目>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-10-27-1
1027ev3-programming.JPG


911f.JPG

次世代の暗号の実用化へ<新しい計算機公開> [研究日誌]

日本電信電話株式会社(NTT)
情報・システム研究機構 国立情報学研究所
東京大学
科学技術振興機構(JST)
内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

上記5社・者によるグループは、光の量子的な性質を用いた新しい計算機「量子ニューラルネットワーク(QNN)」をクラウド上で体験できるシステムを開発し、2017年11月27日より公開すると発表しました。

暗号化の本を読んでいると、暗号のシステムと暗号を作るシステムの二つの進化が必要ですが、現在のコンピューターの先にあるものは量子コンピューターによる暗号と考えられています。

もし、この流れが正しく、量子コンピューターによる暗号が次に来るものであれば、量子コンピューターが実用化される段階で一気に「量子暗号」への流れが加速するでしょう。

プレスリリースはこちら:
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20171120/

サイモン・シン『暗号解読 下』
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-17-1

2017/11/20<曇>
nice!(0)  コメント(0) 

個人的には最強の携帯電話か?<ファーウェイのメイト10ポルシェ・デザイン> [研究日誌]

たまたまファーウェイのサイトを見ていて、新しいメイト(メイト10)が発売されることが分かりました。

以前ライカのデュアルレンズが搭載されたP9に興味があったのですが、単体で7万円近い値段でした。

家電量販店でメイトというのがあるのを知って、興味はこちらに移っていました。

ところが、今回サイトを見ていて、最後になんと「ポルシェ・デザイン」バージョンがあることを発見!

ブラックベリーの時は値段が普通のものの3倍もしたので、ファーウェイはどんな価格設定かは実際に発売されないと分かりませんが、かなり高くなる可能性があります。

因みにオペレーティングシステムはアンドロイド8.0のようです。

しかも、AI(人工知能)がシステムを制御しているらしいです。(これは、実際にどういうことなのか追加リサーチが必要。)

iPhoneは、誰も持っていなかった時は楽しかったのですが、多くの人が持つようになると面白みがかなり減ってしまいましたから、そろそろ別のものに移ろうかと考えてしまいます。

しかも、アンドロイドならそれなりにアプリケーションが揃っているでしょうから、日常でも困らないかと思います。

韓国製の携帯電話も使っていた時期がありますから、中国製もそれほど抵抗はありません。

それよりもライカのデュアルレンズとポルシェ・デザインがデザインしたボディはかなり魅力的で、最近の携帯電話では個人的には最強です。

2017/11/10<曇>
nice!(0)  コメント(0) 

自分に甘い2<誕生日のプレゼント3~5冊目> [本棚]

もう2年くらい妻にお願いしていたレゴのプログラミングの本を買う許可が出ました。

既にマインドストームズは第3世代になっていますね。正式名は「Lego Mindstorms EV3」となっています。

たくさんのセンサーとパーツでいろいろなロボットを作ることができます。楽しみです。

The LEGO MINDSTORMS EV3 Discovery Book: A Beginner's Guide to Building and Programming Robots
ISBN-13: 978-1593275327
1027ev3-discovery-book.JPG

The LEGO MINDSTORMS EV3 Idea Book: 181 Simple Machines and Clever Contraptions
ISBN-13: 978-1593276003
1027ev3-idea-book.JPG

The Art of LEGO MINDSTORMS EV3 Programming
ISBN-13: 978-1593275686
1027ev3-programming.JPG

2017/10/27<晴>
nice!(0)  コメント(0) 

自分に甘い<誕生日のプレゼント2冊目> [本棚]

写真集の価値や意味って何だろう、と思いつつ、ついつい買ってしまう。
1026meisa-incarnation-2.jpg

話題の写真集には興味があります。黒木メイサ8年ぶりの写真集「INCARNATION」。鍛えられた美しい女性。
1026meisa-incarnation-3.JPG

ISBN-13: 978-4863366718
1026meisa-incarnation-1.jpg

2017/10/26<雨>
nice!(0)  コメント(0) 

隣に眠るは正しいが、隣の土地ではない<『プレイボーイ』誌創業者ヒュー・ヘフナー氏死去> [研究日誌]

9月27日に男性誌『プレイボーイ』の創業者で長い期間社主及び編集長だったヒュー・ヘフナー氏が亡くなりました。

女性たちとの華やかな生活がいつまでも話題を提供していましたが、91歳で亡くなり、マリリン・モンローと同じウェストウッド・メモリアル・パーク(日本でいう霊園)に眠ることとなりました。

翻訳されたニュースなどを見ますと、「マリリン・モンローの隣へと埋葬される」や「自分のお墓用にマリリンの隣の土地を用意した」と書かれていて、ちょっと違和感を覚えました。

「アメリカで、土葬なので、棺桶が入る区画をマリリン・モンローの隣に買ってあったんだ」と言えば、日本人なら「ふーん」と納得してしまうでしょう。

マリリン・モンロー(本名:ノーマ・ジーン・モーテンソン、1926/6/1-1962/8/5)は米国の女優、モデルであり、1950年代を代表するセックスシンボルとされている。

彼女はケネディ大統領との不倫や有名野球選手ジョー・デマジオ、劇作家アーサー・ミラーと結婚したりしたことでも有名ですが、実はプレイボーイ誌の第1号(1953年12月)の表紙(及びセンターフォールドと呼ばれる中綴じのグラビア写真)を飾ったことでも有名です。

さて、なぜ私が「マリリン・モンローの隣へと埋葬される」に違和感を持ったかと言いますと、マリリン・モンローの墓は地面にはありません。そして、物理的にマリリンは埋葬されたわけではないのです。

実は、マンション形式の集合墓の引出形式のお墓に収められているのです。このため、マリリンにはお隣さんも下に住む方も上に住む方もいらっしゃるのです。地面に土葬する米国では少し珍しい形のお墓です。引き出しに入れる形式でも「埋葬」というのでしょうか?

このため、ヒューが「マリリンの隣に眠ります」が正しいと言えるわけで、「隣の土地」とはちょっとイメージが違いますし、「埋葬される」もちょっと違うのでは、と思ってしまいます。「隣の部屋」とは言わないのかもしれませんが。

因みに、上の区画(引出?)に眠る億万長者は、亡くなる時に妻に遺言で「下向き」に、つまりマリリンの方に向かって、墓に入れてくれと言い残したそうです。奥様は不愉快だったかどうかわかりませんが、夫の願いを叶えて下向きにお墓の引出に入れたそうです。

書いていて気が付いたのですが、米国の場合、個人単位のお墓ですので、ヒューの奥さん、モデルのクリスタル・ハリスは亡くなっても同じお墓に入ることはありません。火葬して骨壺を「家の墓」に収める日本とは違います。

2017/10/06<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0) 

車屋の船<金持ちの要求は際限なし> [研究日誌]

アストン・マーティンは9月28日、潜水艇メーカーのトライトン・サブマリーンズ社と、製品開発に関して業務提携を結んだと発表しました(複数ニュースソースより)。ブルームバーグのニュースにも出ていました。

アストン・マーティンのデザインコンサル部門とトライトン社は、共同で「プロジェクト・ネプチューン」を立ち上げ、アストン・マーティンがデザインを担当し、トライトン社の潜水艇の開発、操縦面でのノウハウと融合させるプロジェクト。

このプロジェクトでは、少量限定生産のエクスクルーシブな潜水艇をデザインし、製造する。基本的にはオーナーの所有するヨットから出発して海底へと移動する手段とする。

既にポルシェ・デザインのヨットが有名ですが、これからはポルシェ・デザインのヨットで海に出かけ、アストン・マーティンがデザインした潜水艇で海底まで出かけるのがお金持ちのステータスとなるかもしれません。

2017/10/02<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0) 

時速165キロでお届け<最速レースカー運搬車> [研究日誌]

1955年当時、メルセデスベンツはレースカーをレース場に運ぶのに、専用のトラックを使っていました。

今ではコンテナ式の密閉したトラックで運ぶのが、当たり前ですが、60年前は自社の運搬ドライバーが、ポンと背中に乗せて、チェーンで留めて、むき出しのまま、時速100マイルで搬送していました。

今では載せている車は億もする価格の稀少車ですが、運搬用のトラックもあまり台数のない珍しい車となっています。
1955-mb-carrier-01.JPG
1955-mb-carrier-02.JPG

キャラ君がトラックのミニカーが欲しいと騒いだので、息子にトラックを、私には載せるW196をそれぞれ購入しました。息子にはこのトラックの意味や歴史は分かりませんが、かなり気に入っています。

さて、実車についていうと、かなり変な車ですが、いかにもメルセデスが作って使ったという感じがします。

1950年代にレースカーをレース場に届けるために作った車で、時速100マイルで走ったそうです。

欧州を転戦するグランプリなどでは、ほとんどのコースが欧州内なので、メルセデスは車を整備してレースして、再び整備場に戻していたそうです。他のチームのようにレース場で整備することはなるべくしなかったようで、そのための高速トランスポーターだったようです。

先ほどから時速100マイルで走行と書いていますが、それが可能だったのは、300SLという当時の最高級メルセデスと同じエンジンを積んでいたからです。

内装も300SLに準じていたそうで、豪華ではないものの、運転席に座った者が違和感を持たずに運転できる点は、今でいうインタフェイスの統一とか共通化に通じるものがあると思います。

2017/10/01<晴>
nice!(0)  コメント(0) 

そのまま履いて行かれますか?<新しい靴と新しい車> [研究日誌]

ポルシェを乗りこなしていると「ポルシェを着る」と言います。

サーキットで時速250キロで走るとか、ドリフトさせられることより、さりげなくカフェに乗り付けられる、いわば「普段遣いができる」ことを言うのだと思います。

さて、皆さんは新しい靴を買った時に、古い靴を靴屋の箱に入れて、新しい靴を履いてお店を出られますか?

通いなれた道ならば、慣らし運転を兼ねて履いて帰るのもいいかもしれません。

お店から持って帰って、週末の、余裕のある時にその新しい靴をおろして、靴擦れも確認しながら何回か、何日か歩いてみるといいのではないかと思います。

さて、それでは車ならどうでしょうか?

やはり「納車式」があって、ディーラーでワインと花束をもらい、家族や友人に囲まれて、新しい車を乗りだすのは、大きな幸せだと思います。ディーラーに通いなれていれば、そこから家への道も慣らし運転の一部になるでしょう。

私も、中古でも新車でも、納車の時は自分で運転してお店を出発してきました。

しかし、次の車は、新車/中古にかかわらず、家までローダーで届けてもらって、家の前で降ろしてもらおうかと思っています。

そして、そのまま家から普段走るコースへと慣らし運転に出かける。

横浜のパンケーキ屋さんに行くとか、港エリアの洋食屋さんの手作りハンバーグを食べに行くとか。

そういえば、代官山のオープンカフェってまだあるのかなぁ。日本にいないうちに無くなったお店がたくさんあって、寂しい思いをしています。

まぁ、行ってみて、なければ、別のお店に入るのも新たな発見があって、いいかもしれません。

2017/09/30<曇>
nice!(0)  コメント(0) 

解けない暗号を作るには<サイモン・シン『暗号解読 下』> [本棚]

サイモン・シンは下巻で現代に繋がるRSA暗号、PGP暗号、量子暗号について解説していきます。

本書では、
・線文字Bの解読
・公開鍵暗号の誕生
・PGP(プリティー・グッド・プライバシー)の誕生と影響
・量子暗号の可能性
などを取り上げて、比較的平易に暗号の仕組みやその解読方法を説明しています。

感動的なのは線文字Bの解読です。

政治や軍事の暗号はどんどん解読の材料が増えるが、線文字B(ミュケナイ文明)のように古代文字は暗号と似たようなものだが、解読用の文例が増えることがない。ヒントとなる文字の組み合わせもない。

量子暗号の話は次世代の暗号として面白いから今後も発展する可能性があるので、フォローするとして、自分が毎日使用していたDESとトリプルDESの歴史などが解説されていたのが嬉しいです。

本棚に収める前にもう一回読み返しています。

the-code-book-part2.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-10-215973-6
「暗号解読 下」
サイモン・シン(著)、青木薫(訳)
<内容紹介、本書より>
当時最強を誇ったドイツ軍の暗号機はいかにして破られたのか。「戦争の世紀」が「情報の世紀」へと移り変わるなかで、数学者たちの攻防は続く。RSA暗号、PGP暗号、量子コンピュータ、量子暗号……。ネットや銀行を始め、知らずに我々の周囲に溢れる暗号技術の現在と未来、歴史の背後に秘められた人間ドラマを解き明かす傑作ノンフィクション。巻末に「史上最強の暗号」とその解答を収録。

2017/09/17<台風>
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -